安全な業者を見つけるコツ

アンテナ工事について

アンテナの種類

アンテナには様々な種類が存在しています。
皆さんが想像するアンテナは、魚の骨のような形をした、屋外に取り付けられているアンテナをイメージする方が多いのではないでしょうか。この魚のような形をしているアンテナは「八木式アンテナ」というもので、屋外専用のアンテナとなっています。屋外専用ということで高い位置に取り付けられますし、丈夫で電波を受信しやすいのでノイズが入ったりしないというメリットがあります。
しかし、魚の骨のような形がそのまま屋根についているので、建物の景観が損なわれてしまうというデメリットもあり、好みが分かれてしまうアンテナとなっています。八木式アンテナの弱点を克服したのが、平面アンテナといわれるものです。平面アンテナは八木式アンテナとメリット、デメリットを逆にしたようなものとなっています。

室内アンテナについて

室内アンテナについてご紹介していきたいと思います。前のページ「八木式アンテナ」と「平面アンテナ」についてご紹介して来ました。八木式アンテナは屋外用で電波を受信しやすい、平面アンテナは壁に取り付けられてあまり目立たないけれど、電波の受信が弱いというものでした。ここで紹介する「室内アンテナ」というものはどのような特徴があるのでしょうか。詳しく見ていきたいと思います。
室内アンテナは、設置の必要がなくアンテナ工事をする必要もありません。そのため、安いコストで設置できます。しかし、室内ということで電波を受信する際には、安定しないことも多くあります。そのため、電波が弱い山奥の家などで使用するのは避けたほうがいいというデメリットもあります。


この記事をシェアする
TOPへ戻る